70日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
GREE にシェア
[`choix` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

10/29
今日は朝から雨だった。。。

こんな気温でしかも雨ではとてもじゃないがバイクを走らせることは出来ない。
寒い地での何もしない時間を過ごすのは少々いやだったが仕方がなく、連泊することにした。

朝方テントの中で地図を見ながら残りの距離などを計算していると、
昨日キャンプファイヤーに火を着けてくれた男性が来た。

「コーヒー飲むか?」と聞いてきたのでありがたく「YES!」と
答えると彼らのキャンピングカーに招いてくれた。

初めて乗るキャンピングカーに感動した!

そしてとても温かい!!!

テレビもある!

キッチンもあればベッドもある!
冷蔵庫もある!!!

犬もいる!!!

彼の名前はマイクと言った。
奥さんの名前はラモネ。

犬は小型犬が3頭でスクラッピー、ペギー、マックスと言った。

コーヒーの飲みながら朝ごはん食べたか?と聞かれたので「まだだ」と言うと
朝ごはんを作ってくれた。

パンやスクランブルエッグ、それにメロンまでいただいた。

優しい人たちだ。

ご飯をいただきながら
どこから来たか、どういう旅をしているかなどいろいろ話した。

今日はどうするのだと聞かれたので「雨なのでここに連泊する」と言うと
ラモネが「それじゃー一緒にディナーを食べましょう!」と言ってくれた。

なんともありがたい!

その後一緒にフードマートに行き、ディナーの食材の買い物に行った。
清算時に僕が食べる分も含まれているのだからと
お金を出そうとするとラモネに「NO!!!」と言われ怒られた。

その後ラモネ夫妻と一緒に近くのビーチに行った。
とても寒いが気持ちよかった。

マイクは以前軍隊に所属していて、日本の横須賀にいたらしい。
もう何十年の前のことらしいが日本が恋しいと言った。

ビーチでは海から流れ着いた流木や地層の断面など、
いろいろなことを教えてくれた。

まるで本当の父親かのような会話を楽しんだ。

キャンプ場に一度戻りディナーの用意をするから16時にまた来いと言われ、
なんだか手ぶらで行くのも申し訳ないので近くのリカーストアに行き、
アップルのリキュールをプレゼント用に買うことにした。

16時になり行ってみるとすでにテーブルにはディナーの用意が出来ていた。
焼きたてのクロワッサン、サラダ、それにローストチキンまである!!!

アップルリキュールをプレゼントだと言い渡すとラモネは大変喜んでくれた。
ご飯を食べながらチェリーコークラムを頂いた。

いろいろな話をした。

彼らはペンションを営んでいるということ、
息子と娘がいるということ、
息子はプログラマーとして働いているということ、
娘はすでに結婚しているがその旦那のことはマイクは好きではないということ、

英語で言うファックと言う汚い言葉を
他の国では何と言うか、などいろいろはなした。

日本語ではなんと言うのだ?と聞かれたので
適当な言葉が思いつかなかったので「「クソ」だ」と教えた。

また今までたどってきたアメリカの各州でのいまだに残る差別的な偏見なども
いろいろ教えてもらった。

特にジョージア州のほうではいまだに差別的思想があるので気をつけろと教えてくれた。
フロリダの海が最高だったこと

ベガスの夜が楽しかったこと

マンハッタンの夜景がキレイだったこと

ロッキー山脈や何も無いサスカチュワン州の道路

メキシコの野犬やカツアゲにあったこと

書ききれないほどたくさんの話をし、
彼らの旅の思い出のあるというブックマーカーをもらった。

彼らにお礼を言い、モーターハウスをあとにし明日の準備を整える。

走行距離:8キロ   総走行距離:23200キロ

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です