63日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
GREE にシェア
[`choix` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

10/22
モーテルをチェックアウトし、次なる目的地サンフランシスコを目指すことにした。

本来はベガスから北上する95号を走ったほうがバンクーバーには早くたどり着けるのだろうが、地図を見る限り海沿いの西側のほうがキャンプ場が多いこと、それにサンフランシスと言う街を見てみたいことからもう一度LOS方面である西を目指すことにした。

ベガスからハイウェイ15号を走る。

昨日カジノで朝方まで遊んでいたので出発は遅くなってしまった。
それに地図にはパークのマークがしばらくないので早めにキャンプ場を見つけ、
1泊するという計画にした。

15号では途中転倒しているバイクを見た。
しかしライダーは幸いにも怪我をしている様子も無い。
すでにパトカーなども到着しているし
数人のライダーが集まっていたのでおそらく平気だろう。

英語もたいして話せず携帯も持っていない僕が向かっても邪魔になるだけだと思い、
通り過ぎるとともに、今後の安全運転をさらに心がけた。

途中ガススタンドによると一人の女性が近寄ってくる。
一瞬ナンパか?
と思ったがどうやらカメラのシャッターを押してくれと言う。

当然彼氏もいた。

僕はカメラのシャッターを押す。

普通に押した。

その後も15号を走るとゴーストタウンと言う小さな町でキャンプ場のマークを見つけることが出来た。

15号を降り、キャンプ場に向かう。
キャンプ場はまたもやKOA系列。

キャンプ場の場所がハイウェイ出口に近かったので、
場所だけ確認して、15号を走っていたときになんども目にした看板のダイナーに向かうことにした。

ダイナーは同じくゴーストタウンにある。
行ってみるとマリリンモンローの人形などが店内においており、
オールディーズをテーマにしたダイナーのようだ。

メニューはいろいろあったが無難にハンバーガーとジェームスディーンと言うものを頼んでみた。
イスに座って待っていると注文の品が来た。
プレートには山盛りのポテトとハンバーガー。
と、山盛りのポテトが乗ったプレート。

・・・

メニューをもう一度見ると
「ジェームスディーン」の下に小さな文字で「ポテト」と書いてある。

そうか、、、
ジェームスディーン=ポテトだったのか、、、と気づく。

正確にはただの山盛りポテトと言うわけではなく、
ポテトの上にターキーソースがかかった物だった。

その後先ほど見つけたKOAキャンプ場に向かう。

KOA系列はトイレ・シャワー・コインランドリーなどもキレイでとても良い。
その分若干他に比べると料金も高めだ。

値段は$23

キャンプの受付を済ませつつもキャンプ場オフィスにある、
フリーの観光案内などに目を通していると、ここゴーストタウンには
「ゴーストタウン」と言われる昔の町があることがわかった。

時間もあるのでテントを設置した後地図を頼りに向かってみることにする。
ゴーストタウンに着くとまるで西部劇に出てくるような町並みだった。

お店も多く、いろいろなものを売っている。
働いている人はそこに住んでいるというのではなく、
ひとつの観光地として働きに来ているようだ。

またハロウィンも近いことから幽霊などの人形なども町の中に飾られていた。

一通り見たあとキャンプ場に戻ることにした。
途中コンビニにより、ビールとひまわりの種を買った。

キャンプ場に帰ってからは溜まっていた洗濯をした。
その後テントの中でビールを飲みながらひまわりの種を食べる。

だんだんと寒くなってきた。

走行距離:260キロ   総走行距離:21162キロ

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です