48日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
GREE にシェア
[`choix` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

10/07
昨夜は外でガサゴソ音がした。
食べ残しは外に出さなかったが、
おそらくアライグマだろう。

小さくだがテントを揺らされた。
アライグマとわかっていながら少々恐かった。

朝起きてから出発の準備を軽くし、
昨日オフィスにて言われた、レクチャーがあるという広場に行ってみる。

行くと数人の人が集まっており、中心には蛇を持って説明している、
キャンプ場のスタッフがいた。

どうやら蛇のレクチャーだったようだ。

この辺にはこんな蛇がいるってことなのだろうか。。。
ちょっと不安になる。。。

その後出発の準備をし、
今日はメキシコ国境付近まで行くことに決めた。

アメリカドルをペソに換金しなくてはならないし、
明日は時間に余裕があったほうが良い。

59号から77号へと乗り換える。
テキサス州はカナダのサスカチュワン州に似ている。

つまり何も無い。
牛、馬、草原。
違う点といえば砂漠化が目立つところだろうか。

77号の途中で給油するためガススタンドに入る。
レジにて清算する時にクレジットカードを渡し、領収書にサインをすると
女性店員2人にサインを求められた。
2人はアメリカ人と言うよりは南米系の出身のようだ。

はじめは僕を見て芸能人とかミュージシャン勘違いしてるのかと
思ったが、サインしてくれと言う持ってきた紙はなぜか
レシートの裏面だ・・・

失礼なやつだなぁ、などと思って彼女たちの言っていることをちゃんと
聞いてみるとどうやら漢字で私たちの名前を書いてくれ、と言っている事がわかった。

そりゃそうだ。
こんな汚いやつのサインを欲しがるやつはまずいない。

彼女たちの名前は
リリィとイザベルと名乗った。

リリィには「利理伊」と書いてあげた。

イザベルは「井座」まで書いたが、ベルをどういう漢字で書くかわからなく、
しかたなく「井座鈴」と書いて「これがイザベルのジャパニーズネームだ」と言った。

彼女たちはキャーキャー言いながら喜んだ。
日本がブームなのか漢字が流行っているのかわからない・・・

その後ガススタンドからまた出発する。

途中いくつか大きなジャパニーズレストランを見つける。
看板には着物の女性が描かれていた。

その後もさらに77号を走り、国境近くまで来ていることがわかったので、
地図にのっているパークを目指す。

パークはBentsen-Rio Grande Valley State Park。
地図を見ながら向かい、「ここだ」と思ってバイクで入ろうとしたが、
すでに門がすでに閉まっており、入ることが出来ない。

時計を見てもまだ17:00程度。
こんな早い時間に閉まるわけは無い。

閉まってるゲートから中を覗いてみたがどうも今までのパークと違い、
人がいる気配がなく、またパーク内を掃除しているような気配もなく荒れ果てている。
雰囲気からただならぬ気配を感じたので別のキャンプ場を探すことにした。

フラフラをバイクで探しているとRVパークを見つける。
が、ここのRVパークもどうも雰囲気が違う。

今まではキャンピングカーに乗ったキャンパーのRVパークがほとんどだったか、
ここは「動かないキャンピングカー」を住居として貸しているRVパークのようで、
これもまた人の気配が少ない。

どうもアウトドアライフと言うよりは低賃金階層の住む場所のようだ。
当然テントの姿などない。

またフラフラとバイクで他のキャンプ場を探してみる。
途中野犬がたくさんいてビックリしたが、その先には野ヤギがいた。

アスファルトの道路を普通にヤギが歩いている。
ストアを見つけてとにかく今日のお酒を買おうとビールを購入する。

店員は南米系の人でレジとフロアが鉄格子で区切られてるのを見て、
やはり治安の悪い場所なのだろうと感じた。

日も落ち始めたので今日は仕方なくモーテルを探すことにした。
ハイウェイ83号沿いを走っているとすぐにモーテルは見つかった。

中に入り、1泊いくらかと聞くと$45だと言う。
安い。

ビールを飲みながらメキシコに入ってからのルートなどを考えていた。
メキシコの首都はメキシコシティ。

メキシコの中でも南側にいちする。
まずはここを目指そう。

メキシコの下にはグアテマラと言う国がある。
聞いたことはあるがどういう国かはわからない。

メキシコがどの程度の物価なのか、またどの程度節約しながら旅が出来るか・・・

いけるようなら南米まで行きマチュピチュまで行ってみたい。
お金はほとんどそこをついているがクレジットカードのキャッシングで良いだろう。

日本についたらまた仕事をすればいい。

いろいろと考えながら夜になった。

モーテルの駐車場から少し離れたところにパトカーが
静かに2台とまっているのが気になる。

走行距離:483キロ   総走行距離:15342キロ

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です