29日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
GREE にシェア
[`choix` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

2006/09/18
昨夜はぐっすり眠れた。
カナダと違い、夜になっても冷えない。

NYでの疲れがあったせいか寝坊してしまい、
出発が11時となってしまった。

昨日と同じようにルート1を走る。
ボルチモアを抜ける。

ボルチモアは黒人が多い町でここまた治安が悪そうだ。

MARYLAND州に入ってからは給油とお金の払い方が変わった。

今まではガスを先にいれ、その後レジにて入れた分だけ清算。
と言う具合だったがここでは先に払い、払った分だけガスが出る、
と言う仕組みになった。

途中ボルチモアの街中で道に迷ったので信号待ちをしていると
隣にパトカーが止まったので「ルート1はどっちは?」と聞くと
「here~~~(ここだよ~~~)」とだいぶハイテンションで教えてくれた。

ポリスは若い男性で顔はなぜか真っ赤。
どうも酔っているらしい・・・

結局道に迷っていないことがわかったのでそのままルート1を走り、
ワシントンを目指すことにした。

ワシントンに着くとホワイトハウスを見ようとする観光客が多く、
たくさんの人がいた。

バイクをとめフラフラ歩いていると白い大きな建物を見つけることが出来た。

おお~~~これがホワイトハウスかぁ~~~!!!
確かに白い白い!
しかしこの角度からじゃよくわからないなぁ、、、
なんて思いながらも写真をパチパチ撮っていた。

その後バイクに戻ろうとすると街中に観光マップがはってあったので
見ると、どうやら先ほど撮った建物はホワイトハウスじゃなかったらしい・・・

マップを覚えて再度ホワイトハウスを目指すと、
ちゃんとテレビで見たことがある同じ形のホワイトハウスを正面から見ることが出来た。
ホワイトハウスは意外と普通で、警備も薄かった。

自由の女神よりも警備が薄い気がする。

がんばれば僕でも進入できそうな気がしたがやめておいた。

ホワイトハウスからバイクを停めたところに戻ると
僕のバイクについているタンクバックをなにやら黒人があさっている!!!!

ちょ。。。と思いながら足早に戻ると黒人は近くの家に入ってしまった。

まぁ貴重品入ってないし、あさってたバックのほうはキャンプ道具とチョコレートバーしか入っていないので問題ない。

その後ルート1を走り、日が沈みそうになってきたのでキャンプ場を探すことにした。

が、見つからない・・・

結局暗くなる手前のところでキャンプリゾートと言う文字を見つけた。
受付を済ませ料金を聞くと$40と高い。。。

ワシントン都心部から近いことがあるとは言え高い。。。

まぁリゾートだからしょうがないかと思い、そこで一泊。

しかしリゾートらしい設備は何も無い。

案内されたテントサイトは地面がボコボコのただの林の中だった。。。
寝心地悪そうだ、、、

夜地図を見ながらフロリダがそろそろ近いことを知る。

フロリダへ行こう!
僕の好きな映画あのワンシーンのように次の目的地フロリダに決めた。
263キロ

走行距離:263キロ   総走行距離:9212キロ

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です