20日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LINEで送る
GREE にシェア
[`choix` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

2006/09/9
朝起きて今日はプリンスエドワード島(PEI(ピーイーアイ))を観光するため、
キャンプ場のオフィスで昨日の料金ともう一泊することを伝えた。

まずは赤毛のアンの家を見に行った。
グリーンの屋根が印象的でかわいらしい家だった。

また近くにある林道も歩けるようになっており、
なにか面白いものでもあるのかと思って歩いてみることにした。

特にこれと言ったものも無く普通に林道だった。。。

結局僕は、赤毛のアンの話をあまり知らないので感動も十分に無かったわけになる。。。
売店で買ったレーズンバター味のアイスとブルーベリースコーンの美味しさの感動のほうが強かった。。。

その後シャーロットタウンに行き、大聖堂を見ることにした。

これはすごい!!!

大きく神秘的でキレイだ。

中ではお祈りをしている人もいるため静かにしていた。
旅の疲れが休まる。

バンクーバーまでの帰りも無事故でいられることを祈り、
大聖堂をあとにした。

また、大聖堂の近くの教会では結婚式が挙げられていて、
その式の終わり間近なのか、教会の外に花婿と花嫁がいて、
その後ろに参列者が並んでいた。

どうやら順番に参列者がなにか一言声をかけているようだった。
「お幸せに」とかそんなことを言っているんだろう。

それから街で食材とお酒を買い、給油をすると先ほどの
花嫁と花婿がオープンカーの後ろに乗っている。

車は映画などで見るように空き缶がついている!!!

これがカナダの結婚式か!と思いなんだか感動した。

その2人とすれ違う車はトレーラーだろうが乗用車だろうが、
タクシーだろうが、クラクションをプープー鳴らしていた。

車からお祝いをしているのだろうか?

キャンプ場に戻るとフロントで薪を買い、
カナダ横断のお祝いにと、キャンプファイヤーをしながら肉を焼いてビールを
飲みながら食べた。

とても美味しかった。

しかし頭の中にはすでにバンクーバーに帰りたくないと言う気持ちがあった。

このまま、、、

アメリカも、、、

行くか。。。

と。。。

悩みに悩んだ挙句、あの寒いキャンプをするのも、同じ道を引き返すのも
嫌だ!と言う結論からアメリカもちょろっと行ってみることにした。

どこまでいけるかはわからない。

駄目になったらバイクを売って飛行機で帰ってこよう。

そんな簡単な気持ちでアメリカに行くことを決意した。

走行距離:181キロ   総走行距離:7026キロ

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です